試練の扉・第二章<上級>クリアしました。

試練の扉・第二章<上級>クリアしました。

試練の扉・第二章<上級>クリアしました。

10月31日(木)から開始された
試練の扉・第二章。
初級と中級は既に木曜日に挑戦しましたが、
ようやく本日11月1日に上級に挑戦することが出来ました。
第一章より難易度が下がった・・・とのことですが、
連戦の数が減ったので、
その分、最初から手動で行った方がいいのかな?と慎重になりました。
ええ、ランキング上位は、
装備の内容から最初からあきらめております。
マイレージやドラゴンメダルでちょこちょこと
福引券に交換して、ふくびきに挑戦はしていますが、
殆ど3星のものしかでません。
武器は5星、防具は4星以上を望んでいますが、
とんとでなくなりましたね・・・。

4星でも優秀な武器はありますが、
やはり限界があります。
3星の防具はすぐに売却していますが、
「見た目」装備が始まったので、
気に入った3星の「衣装」はとっておくことにしました。

第1戦から手動で行いましたが、
ショボいスコアです。
自分にとっては、
この「試練の扉」は
「参加することに意義がある」と、
認識させています。

仲間編成は、
どうしても「眠り」用に「コドラウイップ」を使うので
武闘家を2人にしています。
魔法使いの時よりも、
与えるダメージが高く、
眠りの確率も上がっています。

「りゅうおう」対策では、盗賊>武闘家でしたが、
「試練の扉」シリーズは今のところ、
武闘家は必要です。
また戦士も不可欠です。
逆に僧侶はいらないかもしれません。

自分は仲間1⇒戦士(元は僧侶54)、
仲間3⇒魔法使い54にベホイミスライムをつけています。
また、魔法使いの武器は全体回復が出来る
ユグドラシルを装備させています。

仲間1の僧侶⇒戦士はなかなか優秀です。
ちなみにモンスターのこころは
「キラーマシンC」「つむりんママS」「ベホイミスライムS」です。
武闘家2人には
「キラーパンサーS」「サイおとこS」
「キングスライムB」か「キングスライムC」です。
魔法使いは
「フレイムS」「ベホイミスライムS」「よろいのきしS」です。
「よろいのきしS」はマホトーンなどですが、
コストの割には特殊効果が優秀です。
スキルの体技ダメージ7%
ドラゴン系へのダメージ7%
混乱耐性7%
即死耐性7%

武器は、オートバトルでも
やはり5星武器がスコアが上がります。
コドラウイップよりりゅうおうのつえ、
メタスラの槍やキラーピアスよりは、
断然クリスタルクローです。

で、
「りゅうおうのつえ」と「キラーピアス」。
これらの武器がボス戦に日の目をみることはあるのでしょうか??
いえ、あってほしいと思います。
「キラーピアス」と「コドラウイップ」の連携はいいですよ。
「りゅうおうのつえ」も攻撃力が高いですが、
呪文が封じられたらただの棒なのがツライ・・。

<第1戦>
リザードフライ2体
ハンターフライ2体
※2ターン目の途中で倒すことが出来ました。

<第2戦>
かっちゅうあり1体
ドラゴンフライ2体
※2ターンで倒すことが出来ました。
<第3戦>
フレイム1体
ヒートギズモ2体
※寒くなってきたので「見た目」が温まりますね。
3ターン以内に倒すことが出来ました。
<第4戦>
ホークブリザード1体
ひとくいばこ2体
※よみがえる記憶「即死させるモンスター」達です。
まずはホークブリザードを倒すことを優先させ、
「マホトーン」か「コドラウイップ」でひとくいばこを阻止。
5ターンくらいかかってしまいました・・。
<第5戦>(最終戦)
スカルコン
ハンターフライ
しりょうのきし
※実は4戦目よりはスムーズでした。
もちろん、最終戦なので、
かかったターン数は多かったのですが。

コドラウイップで眠る
モンスターの数とタイミングの差だと思います。
何ターン目で勝利したのかは忘れてしまいましたが、
第1章の18ターンよりは少なく、
おそらく9ターン位だったと思います。
テクニカルボーナスは8ターン以内です。

第一章よりは難易度はだいぶ下がっています。
物足りないという意見があるようですが、
あくまでも歩くことが第一目標の位置ゲームなので
この位が負担がかからず良いのでは?と思います。
段々寒くなりますしね。
そして長時間滞在していると、
場所によっては通報されかねないと思うので。

あと扉の位置は定期的に変更してほしいと思います。
今回挑戦した上級の扉は、
実は、とあるマンションでした。
自宅からは徒歩12分くらいかかっています。
自宅近くに上級の扉カモーン!です。

通勤通学路であり、歩行者が行きかう時間帯だったので
家に持ち帰ってからバトルを行いました。

<使ったどうぐ>
まほうのせいすい⇒8こ

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。